協同組合八戸管工事協会は官公需適格組合の認証を受けております

協同組合八戸管工事協会は官公需適格組合の認証を受けております

官公需とは?

国や公団、地方公共団体等が、物品を購入したり、サービスの提供を受けたり、工事を発注したりすることを『官公需』といいます。
国は、中小企業者の官公需の受注機会を増大するために、『官公需についての中小企業者の受注の確保に関する法律』に基づいて、中小企業者向けの官公需契約目標や目標達成のための措置を内容とする『中小企業者に関する国等の契約の方針』を毎年度閣議決定し、公表しています。
また、共同受注体制の整っている事業協同組合などに対して、『官公需適格組合』としての証明書を発行しています。

 官公需適格組合とは

官公需適格組合とは、「昭和42年度中小企業に関する国等の契約方針」に基づき、事業協同組合等の活用を積極的に行うにあたって国等の発注機関の便宜に供するため制度化されたもので事業協同組合等が、官公需を共同受注し、これを完全に履行し得るに十分な体制が設備されている組合であるということを中小企業庁(関頭中小産業局)が証明した組合です。